スワロウデイル・アンティークス

アンティーク家具、古道具全般、家具修復のスペシャリスト。お問い合わせはお気軽に

Blog

oak

オークサイドテーブル

2020年9月3日

写真は全部で6枚あります

非常に古いテーブルなのですが、時代判定は難しいものがあります
まず、テーブルトップはある時代に取り替えられています
そのせいで、若干通常より小さく見えます
しかし、作られた年代はトップも本体も同じくらい古く、17世紀ぐらいのものに見えます
ジョインドテーブルという、ほぞ組みと木栓で組み立てられた構造です
テーブルトップは上からやはり、木製の太い釘で止められていますが、のちに金属製の釘なども打ち込まれたようです

ここで引き出しを見ますと、金具は18世紀初期ジョージアンのもののようです
引き出しの作りは、やはり後世に作り直されているような感じですが、材料は古く良質のオーク材です
トータルで見ますと、やはり18世紀初頭にこのような形になったのではと思わされます

いろいろな歴史を経てきたことがわかります

テーブルトップは、やはり後の時代にバーニッシュが補われていますが、なじみが悪く浮いていましたので、一度軽く削った後、溶剤を含むクリーナーで取り除いてから、ビーズワックスをかけました。

時折のワックスがけだけで使い込まれてきたら、こうなるであろうという本来の木味に修復してあります

サイズは幅76cm 奥行き48cm 高さ67cm となっております

価格は 220,000円 お問い合わせ商品番号 F2-7

タグ: , ,

オークテーブル

2020年3月15日

センターテーブルですが、足元のストレッチャーが邪魔にならない形なので、普通に小さなお食事テーブルとしても使えます。

時代をはっきりと判定するのは難しいですが、古く質の良いオーク材独特の質感と色合いから19世紀以前のものなのは確かでしょう。

仕入れ元ではウェールズ由来の非常に古いテーブルと言っていました。

確かにウェールズの家具に多い赤みの強いオークがそう思わせますが確かではありません

17世紀以前のジョインドスツールなどに見られる、ホゾとホゾ穴のジョイントを木釘で固定するスタイルです。

堅牢な造りです。

各写真はクリックしていただくと拡大します

サイズは 57 x 63.6 cm 高さ 65cm

SOLD     お問い合わせ商品番号 F2-59

Early joined oak chairを追加

2020年2月17日

ギャラリーに写真の椅子を追加しました

ギャラリーへはこちらからどうぞ

オークのテーブル

2017年7月13日

oak work table

とても味のあるテーブルです

お客様の要望により丸い輪ジミだけを目立たないように修復しました

全体的な木味を損なわないように非常に気を使いました

自分としては輪ジミも気にならなかったのですが、実際直してみるとこの方が見栄えが良いのは確かですね

売約済みです