スワロウデイル・アンティークス

アンティーク家具、古道具全般、家具修復のスペシャリスト。お問い合わせはお気軽に

About us

aboutphoto01当店で扱うアンティークは、いずれもイギリスを中心としたヨーロッパの各地から直接仕入れてきたものです。

オーク材やエルム材でできた素朴で剛健なカントリー家具から、西洋の人達がその輝きを愛して止まないマホガニー家具など、アンティークの世界は魅力に満ちていて仕入れの際にも選択に迷うほどです。また、鉄、陶器など様々な素材の古い道具も実に魅力的です。

そんな物たちとの出会いを求めて、買い付けの際には自ら大型のバンを運転してもっぱら地方各地を回ります。当店に並んでいるのは、そんなヨーロッパの美しい田舎の旅で出会ったひとつ、ひとつなのです。

選択の基準は、そのものと出会った時の直感に負うところが殆どです。それは、言葉では説明しにくいものですが、そのものから発する何かに感じる感覚のようなものでしょうか。うちから購入いただくお客様も、また同じような出会いを覚えてくださっているように思いますし、またそのような瞬間に立ち会えることを、何よりも喜びに感じます。

当店の特徴としてカントリー家具、なかでもウィンザーチェアやラダーバックチェアなどの椅子の扱いが多い傾向にあります。
これらは実際に日々の生活で使われてきたものや、非常に古いものが多く修復が必要なケースも多々あります。
そんな場合でもご心配は無用です。家具修復士として約30年の経験のあるオーナーが安心してお使いいただけるようにお直しいたします。カントリーチェアではよく問題になるラッシュ(い草の一種)で作られた座面も張り替えられます。

ポリッシャー(塗装士)としての経験も豊富ですので、マホガニー素材などの光沢仕上げの修復も、時代の味を損なうことなく修復ができます。これら修復に関しましては当店の特徴のひとつでもありますので、別項目でまた改めて詳しくご説明させていただきます。
Restorationの項目へ)

aboutphoto02カントリー家具が得意と申し上げましたが、先に申し上げましたようにジャンルにこだわったセレクションをしているわけではありません。ギャラリーのカテゴリー分けもお客様のお探し物のお手伝いのための便宜的なものです。
時にはなぜ自分が惹かれるのかもわからず、面白いという基準だけで仕入れてしまうものもあります。
ぜひ一度でもご来店のうえ感想などいただければ光栄です。

1985年 イギリス人有資格修復士 マイク・スミスウッド氏と出会い氏の工房に入る
(以後5年間、氏のもとで修行)
1990年 大阪に本社のある有限会社トキ貿易の東京店エバーランド入社
(のち副店長として幅広いアンティーク関連業務を経験)
1993年 東京店閉鎖に伴い元スタッフとともに独立
(店名は継続)
2002年 エバーランドを離れ、横浜市青葉区にSwallowdale Antiquesを開店
2008年 東京都目黒区に移転
2018年 東京都世田谷区に移転 現在

住所 〒154-0021 東京都世田谷区豪徳寺1−6−1アミティ豪徳寺1F
最寄り駅 小田急小田原線「豪徳寺駅」、東急世田谷線「宮の坂駅」いずれからも徒歩約5分

メール フォームメール

定休日 火曜日・水曜日 (買付時など臨時休業も時々あります)

営業時間 11:00 〜 19:30