スワロウデイル・アンティークス

アンティーク家具、古道具全般、家具修復のスペシャリスト。お問い合わせはお気軽に

Blog

青花の会 骨董祭2017

2017年5月24日

家具を分解修理するといろんな事が分かって面白いです。この椅子の場合ジョイントの隙間にグリーンのペイントが残っていました。おそらくオリジナルの色でしょう。次にジョイントの緩みを止める為か釘が打ち込まれています。釘の形態から、これがおそらく1800年初頭ごろ。そして釘穴が貫通していないスティックが有るので交換された部材があるという事がわかりますが、外見からは全く見分けがつきません。最後の修理からもかなりの時間が経っていることがわかります。そして、この時におそらく仕上げを直しています。 実は椅子の、明らかに非常に古い時代のスタイルとぱっと見の印象が若干ずれて感じる事が最大の謎でしたが解消しました。おそらく200年ぐらい前に最初の修理がされて後、また50年から100年ぐらい経過してから手を入れたのでしょう。今回また僕が仕上げには手を入れず一度分解して膠で再組み立てしたわけです。古い家具はこうして必ずメンテナンスを受けながら使い続けられてきたのですね。 この椅子の全貌は、6月9日、10日、11日に開かれる青花の会骨董市でお披露目いたします。(9日は会員様などのプレビューのみ) よろしくお願いいたします

Koh Murotaさん(@swallowdale_antiques)がシェアした投稿 –

今年も神楽坂で開かれる「青花の会 骨董祭」に出させていただくことになりました。
すでに各出品者のおすすめ品などが、Facebook ページなどで紹介されております。
当店の1日目のおすすめ品も掲載いただいています

上のInstagramの投稿の中で触れている椅子は、実は2日目(最終日11日)のおすすめ品です
内覧会や初日ではお見せできないのでご承知ください

現在、骨董祭に向けて慌ただしく準備をしていますが、修復が間に合わないものも出てきそうな気配になってきました。
ずいぶん前から準備を始めていたのですが、結局いつものよう直前までバタバタしそうです。
ものによっては、ご購入希望の方とご相談してから修復を検討した方が良いものありますけどね(修復しない方が良いという選択肢もあり)。

何にしろ楽しみなイベントです

■日時
6月 9日(金)17−20時 *内覧会(青花会員および御招待者のみ)
6月10日(土)11−19時 *企画展「骨董と私」は13時より
6月11日(日)11−18時

■会場
①la kagu 2F soko 東京都新宿区矢来町67-2F ⇦当店はこちらにおります
②AYUMI GALLERY 東京都新宿区矢来町114
③AYUMI GALLERY CAVE 東京都新宿区矢来町114-B2
④セッションハウス・ガーデン 東京都新宿区矢来町158-2F
⑤セッションハウス・スタジオ 東京都新宿区矢来町158-B1
⑥工芸青花 東京都新宿区横寺町31-13 一水寮内

■入場料
1000円(出展者紹介・対談記事等掲載の小冊子付き)
・2日間共通+6会場共通(各会場の受付で御提示下さい)
・青花の会員は無料です(当日、会員証を御提示下さい)
・入場券は会場①−⑤の入口で10日の午前11時より販売します

詳しくは上記Facebookのリンク先か、こちらの青花の会骨董祭2017のページを御覧ください

アンティークと修復

2017年5月13日

fixing the chair #restoration #workshop #antiqueshop #nakameguro

ある飲食店さんで使っていただいている椅子を直しています

それはもう、普通ではありえないような壊れ方をしたりしていて大変です

しかし、ここまで使ってもらえるのはある意味嬉しくもあります

アンティーク、特にアンティーク家具に対する考え方は人に寄っていろいろあると思いますが、自分にとって古い家具は過去の遺物ではなく現在も一緒に生き続けている大切なパートナーのような存在です。

自分の何倍も生きている存在に対してパートナーというのは不遜でしょうか。まあ、おじいさんでも先達でも良いですが、大事なのは今現在を生きているということ。

美術館などに大事に陳列されるようになったらアンティークとしては終わりということです。

もちろん古い家具ですから、ものによっては気遣いが必要です。

椅子だったら日々、そばにおいて乾拭きしてやり、時々そっと座ってみる、そんな感じでも椅子は生きていると思います。

先にあげた飲食店で使うというのは正直ちょっと極端すぎますね。

でも、ちゃんと直せて使い続けられるのがすごいです。

ここに書いた考え方は自分の個人的な考えですが、しかしイギリスなどではクラシックカーでも日常的に使えるように修復して乗り回しているケースが多いように、なんでも動態保存が普通ですね。

ですから、自分の考え方もそんなに特殊ではないのかなと思います。

 

当店では仕事の一番大事な基盤を修復と考えています

これはもちろん見栄え良く飾るためではなく、お客様がストレスなくアンティーク家具との生活を楽しめるようにとの思いからです。

とはいえ手元を離れた家具をお客様がどういう風に扱われようが、それは自由です。それに対して物を申す事はありません。

時々、自分がなぜこの仕事をしているかということを思い出させられることがあるのです。

最近もそんなことがあったので文章にしてみました。

乱筆乱文失礼いたしました

 

 

リフォーム中

2017年5月11日

お店の外周り、主に1階のテラスを模様替え中です

写真の横の矢印をクリックすると他の写真が見られます。

このところ、来月のイベントの準備やら修理やらで慌ただしく、なかなか捗りませんが、何かを変えるとまた別のことを思いついて試してみたりと仕事がどんどん増えます。

それも楽しいのですが、結構いろいろとっちらかっています。

落ち着くのはもう少し時間がかかりそうです

タグ:

連休中いかがお過ごしですか?

2017年5月6日

ladder back chair

例年、連休中のお店は暇なことがほとんどで、前回のポストには遊びに来てくださいと強調したぐらいですが、今年は久しぶりの方、普段いらっしゃらないようなお客様や、散歩中の方などにお立ち寄りいただき、おかげさまで寂しさを感じず楽しく仕事をさせていただいております。ありがとうございます。
今日を入れましてあと二日、土日のみとなりましたが引き続きよろしくお願い申し上げます。

写真の美しいラダーバックチェア、美しいと書きましたが仕入れた直後は足の長さが不揃いだったり汚れが残ったままと、お世辞にも綺麗とは言えない状態でした。短くなった足はちょっと木を足し、歪みを直しながら木組みを固定して、クリーニングをしたら、とてもシャキッと凛々しい姿になりました。

まあ、もともとイギリスで見出した時に「これぞ出会いたかったカントリーチェア」と小躍りしたぐらいお気に入りだったわけですけど。

よろしければギャラリーのこちらをご覧ください。もっと写真があります。
ここにあげた写真は色が少し実際より濃いように思います。ギャラリーで何枚か見ていただくと実際の色がわかりやすいかと思います。

追記 御売約いただきました

連休中の営業予定

2017年4月27日

というわけです

よろしくお願いいたします

ほんとうに遊びに来てくださいね。遠くに行っても混雑ばかりですよ〜

Access map

住所

東京都目黒区上目黒3-22-4

営業時間

11:00~18:00
          

定休日

月曜日および火曜日

ナビなどで検索の際は上目黒3-22-5と入力すると路地の入口まで正確に来れます。GoogleMapのリンクはこちらから。