スワロウデイル・アンティークス

アンティーク家具、古道具全般、家具修復のスペシャリスト。お問い合わせはお気軽に

Blog

a miscellany

ウィンザーチェアとペイント

2021年2月13日

ちなみに、下が全体を写した写真です
クリックすると拡大いたします(かなり大きくなります)
記事に戻るにはブラウザの戻るボタンを押してください

ロッキング ターナーチェアについて再び

2021年2月11日

 

この投稿をInstagramで見る

 

Koh Murota(@swallowdale_antiques)がシェアした投稿

ロッキング ターナーチェア
1800年ごろ イギリス中西部 ヘレフォード近辺 ウェールズボーダー

ロッキング・チェア

2021年1月31日

(写真をクリックで拡大します)

 

写真に見えますように、左後ろの脚の下部のところに、鉄プレートによる古い修復跡がございます

実用上は問題ありません

サイズはW48 x D65 x H93 cmです

イギリス19世紀のビクトリアン時代のものと思われます

SOLD

週末の営業

2020年9月10日

11日金曜日 11:00 〜 18:00
12日土曜日 臨時休業
13日日曜日 11:00 〜 18:00
となります
よろしくお願いいたします

オークサイドテーブル

2020年9月3日

写真は全部で6枚あります

非常に古いテーブルなのですが、時代判定は難しいものがあります
まず、テーブルトップはある時代に取り替えられています
そのせいで、若干通常より小さく見えます
しかし、作られた年代はトップも本体も同じくらい古く、17世紀ぐらいのものに見えます
ジョインドテーブルという、ほぞ組みと木栓で組み立てられた構造です
テーブルトップは上からやはり、木製の太い釘で止められていますが、のちに金属製の釘なども打ち込まれたようです

ここで引き出しを見ますと、金具は18世紀初期ジョージアンのもののようです
引き出しの作りは、やはり後世に作り直されているような感じですが、材料は古く良質のオーク材です
トータルで見ますと、やはり18世紀初頭にこのような形になったのではと思わされます

いろいろな歴史を経てきたことがわかります

テーブルトップは、やはり後の時代にバーニッシュが補われていますが、なじみが悪く浮いていましたので、一度軽く削った後、溶剤を含むクリーナーで取り除いてから、ビーズワックスをかけました。

時折のワックスがけだけで使い込まれてきたら、こうなるであろうという本来の木味に修復してあります

サイズは幅76cm 奥行き48cm 高さ67cm となっております

価格は 220,000円 お問い合わせ商品番号 F2-7

タグ: , ,

素朴な子供椅子

2020年8月20日

この投稿をInstagramで見る

Rustic Child Chair 今日もやばい暑さ

Koh Murota(@swallowdale_antiques)がシェアした投稿 –

ウエストカントリー ウィンザーチェア

2020年8月14日

因みに僕はこのウエストカントリーと呼ばれるイギリス南西部の家具とウェールズの家具が好きなのですが、この両地域の古い椅子にはかなり似たものがあります。両地域はブリストル海峡を挟んでいるだけなので、それほど不思議はないと以前から思っていたのですが、今読んでいるウェールズの家具の研究書に、はっきり両地域の関係性について記述がありました。ウェールズやブリストルあたりの聖職者や有力者は両地域に屋敷を持つことが多かったそうです。また、ウェールズは辺境のイメージがありますが、海岸線も長く貿易港も豊富にあり、一度海に出てブリストル海峡を上り、セバーン川に入り、イギリス中西部の内陸まで広く生産された家具が届けられていたようです。
 ウェールズはイギリスの家具産業において重要な地域だった事がわかります。