スワロウデイル・アンティークス

アンティーク家具、古道具全般、家具修復のスペシャリスト。お問い合わせはお気軽に

Blog

from workshop

from workshop ワックスで古いワックスを落とす

2015年7月23日

cleaning chair

前回、ご紹介したカントリーヘップルホワイト・チェアですが、汚れを落とそうと少量のワックスを布につけて擦ってみたところ、かなり濃い茶色の汚れが布に移ってびっくりしました。通常は黒っぽい汚れが布につくぐらいです。

おそらく、不適切な方法で濃い色のワックスがかけられていたものと思われます。

考えられるのは一般的にアンティークワックスとして知られている、濃い色のワックスを塗りたくって拭き取りをきちんとしなかったケース。

こういうことがありますので、ワックスを過剰に塗ったり、塗ったまま放置して後で拭き取ったりというやり方は、絶対に避けなければいけません。 カーワックスと違いますので塗り置きをしますと、後からどんなに丁寧に拭いても十分に拭き取れません。 その拭き残しは体温で温められたりすると、溶け出しますので服に色移りをしたりします。 温めなくとも徐々に蒸発しますので、以前実験したところ白いプラスティックケースを置いておくだけでも数日後には色移りが発生しました。

これを防ぐためには、ワックスを塗ったら直ぐに徹底的に拭き取ること。 円を描くようにぐりぐりと、少々摩擦熱が発生するぐらいの力具合で擦り、布に何もつかなくなるまで拭き取ります。 ワックスの成分は本当に微小なコンマミクロン単位の薄い膜が形成されれば十分ですので、完全に拭き取ってしまってください。それでも必要な分は残ります。指で撫でてみて白い跡が付くようですとまだ不十分です。最後は木目に沿って乾拭きしましょう。

洋服などへの色移りが懸念される場合は、色のついたワックスは使わずに無色のものを使うことも大事です。 本当のことを言えば、常に無色のビーズワックスの使用がおすすめです。 木味が落ちてしまった家具に着色ワックスを塗って風合いをそれっぽくするのは邪道と考えましょう。

 

さて、話は戻って件の椅子は、着色ワックスが使われて色移りも心配な状態なのでした。 一度取り除いてリセットしなくてはなりません。

通常修復をする場合、仕上げを直すにしてもワックスをかけるにしても古いワックスや汚れを専用の薬剤で落としてから行うものなのですが、こういう場合、もうちょっとお手軽な方法もあります。 それが新鮮なワックスで古いワックスや汚れを落とすという方法です。

0番から0000番ぐらいの細かいスティールウールに、無色のワックスをたっぷりとつけて優しく擦り、汚れを浮かせて即座に布で拭き取ります。拭き取り方は通常のワックスがけと一緒です。時間はかかりますがスティールウールの代わりに初めから布に多めにワックスをつけて擦っても大丈夫です。 ただし、くれぐれも拭き残しのないように気をつけます。

通常ビーズワックスはそのままでは塗りにくいので天然テレピンを溶剤にしている事が多いのですが、これはその溶剤をクリーナー代わりにして汚れを落とす方法です。 この方法ですと、塗装面などを傷めずに効果的に汚れを浮かして取り除く事が安全に行えます。

常日頃、お伝えしていますようにワックスの目的は表面保護だけではなく汚れを落とす事も大きな目的なのです。

拭き取りの布に汚れがつかなくなったら終わりですが、念のために時間をおいて繰り返すと万全です。最後はきれいな布で乾拭きします 。

その後は、基本的に乾拭きを繰り返すだけで大丈夫です。

タグ:

from workshop とても古いロック

2015年7月9日

old lock

ロックといっても音楽の話ではなく錠前です

こちらはすでに売約済みのライティングビューローの引き出しに使われている鍵です

メンテナンスのために外しました

一見かなり古そうですね

19世紀以降の鍵は真鍮製であることが多いのですが、こちらは手作り感たっぷりの鉄製です

鍵をかけるために上下するかんぬきのバネは同じ部品から切り込みを入れて作られています

こちらも時代が下るとゼンマイのような素材で別体で作られるようになります

鍵の固定のために使われていた釘も、一つづつ手作りされたもののようです

こうなると、これが付いていたビューローも、思っていたようにかなり古いもののようですね

from workshop パーツ製作

2015年6月21日

パーツ製作、ほぼ完了の図 Almost done #workshop

Instagramにあげた写真です

この家具は当工房に持ち込まれたものです

家具の修理で欠損パーツがなくなってしまっている場合は、このように一から作り直すこともあります

色合わせが大変ではないかと思われますが、同じ材料を使えば、このようにかなり近いところまで合わせられます

この場合はマホガニーですが、どのような手順で仕上げられたかが見ただけでわかりますので、同じ手順を踏んで仕上げるだけです

もう少し微調整をすれば完成です

比較的楽しめる仕事なのですが、割には合わないので、時々持ち込まれるぐらいが良いなあと思います

タグ:

form workshop 椅子の分解

2015年5月30日

時に、椅子の分解だけなのに1日ではすまない事があります。

 

Instagramにあげた写真ですが、分解に苦労した椅子です

分解に苦労するほど、しっかりしていれば分解は必要ないと思われるでしょうが、そうはいかないのです。

背もたれのベースはしっかりついていたのですが、他のバーツ類がすべて緩んで、ぎしぎしとたわむ状態。

こういう時分解をせずに隙間から接着剤を流し込む人がいますが、そのような直し方では一月と持たないでしょう。

やはり一度分解して、古い接着剤を取り除いてから組み上げる必要があります。

少しずつ古い膠を溶かしつつ、壊さないように時間をかけて抜きました

この後、楔などを作り直し、もう一度膠で組み上げますが、こっからは比較的楽な仕事です