スワロウデイル・アンティークス

アンティーク家具、古道具全般、家具修復のスペシャリスト。お問い合わせはお気軽に

Blog

country chair

ゴシック ウィンザーチェア

2019年5月25日

この投稿をInstagramで見る

ゴシックウィンザーと呼ばれるスタイルの椅子です。ゴシックといっても12世紀頃に主流であった建築様式の時代ではなく、18世紀中頃から始まったゴシックリバイバル様式の建築に伴ってデザインされたものです。その頃に作られたゴシックウィンザーはウィンザーチェアの王様とも呼ばれ、YewやElmと言った高級材をふんだんに使い精緻なデザインが施されました。この椅子はもっと後期に作られたもので、材もアッシュなど一般的なものが使われています。とはいえ、背凭れや座面の形状などディテールに至るまでゴシックウィンザーの様式に忠実にのっとって作られており、なんら見劣りはしません。ただ一つ一般的なゴシックスタイルでは背凭れのトップが尖ったゴシックアーチ風のデザインになっているのですが、これは弓状の丸い形状になっています。研究書などを調べてみましたら、これは18世紀の時代にも、非常に珍しいが最初から存在したデザインだそうで納得しました。 こちらは青花の会骨董祭に出品いたしますので、よろしくお願いいたします。 @seika_fes #青花の会骨董祭 #countrychair #regionalchair #antiquedealer #tokyo #gotokuji #アンティーク #豪徳寺

Koh Murotaさん(@swallowdale_antiques)がシェアした投稿 –

ローバック・ウィンザーチェア

2018年8月10日

素材はyew (西洋イチイ)とelm (エルム)になります

買いそびれて残念と思っていた方、よろしくお願いいたします

追記:  おかげさまで売約となりました

SOLD